ゴルフテックの効果を検証する!【初心者〜半年経過】体験記①

  • 2019年10月8日
  • 2020年1月19日
  • ゴルフ
  • 1052view
  • 0件

 こんにちは、ボブです!

 今回はマンツーマンレッスンのゴルフスクールのゴルフテックに通うとどの様に上達していくのかを、できるだけお伝えしてゴルフスクールで迷っている人の参考にできればと思います。

結論を少し言うと・・・最初の半年は苦しいです。スイングを一から作り直すのでスコアアップは望めません。(あくまで私の場合ですが・・・)

 才能やセンスがある人ならすぐに上達するとは思いますが・・・私のような才能無し組の人達はある程度覚悟が必要です。

 ちなみに私は友人達の影響を受けてゴルフを2017年の8月から始めました。

 ゴルフをスタートする前にラウンドに行った事が一度ありましたが、スコアは180オーバーだった記憶があります・・・

 その後2017年の8月から12月までグループレッスンのスクールに通っていました。ある時自分のスイングを友人に撮影してもらって動画で見た時に、自分のスイングがめちゃくちゃカッコ悪かったのです・・・

 スコアにも行き詰まり、どうしようかと迷っていました。そこでPGAスイングを目標に掲げているゴルフテックを見つけて通おうと思いました。

 ゴルフテックに通いはじめたのが2018年の1月からスタートしました。

 ちなみに、ゴルフテック開始時の私の状態とスクールと自主練のペースはこんな感じで続けています↓

  • スタート時のベストスコアは114
  • スイングは力任せで見た目も汚い
  • 野球やテニスなどの器具を振るスポーツの経験は無し
  • スクールは週1回程度通うことができる
  • 自主練は土日のどちらかは必ず行くようにする
  • 平日は月に3回くらいは最低ゴルフ練習場に行くようにする
  • ラウンドは月に1回は行くようにする

ゴルフテックを選んだ理由

 日本のゴルフスクールのほとんどは、スクールでスイングを見てもらってコーチに指摘してもらって改良してもらって・・・という流れだと思います。

 何が言いたいかと言うと、日本のゴルフはコーチの感覚で教えられる方法になります。

 そのため、スクールで教えられる事が点と点になってしまう事が多くて、なかなか線になり難い状態です。

 アメリカのゴルフは教科書の様に体系化されており、上達の過程がしっかり作られております。

 私は毎回しっかり目的意識を持って練習をしたかったので、ゴルフテックを選びました。

 それと単純にアメリカのPGAの選手のスイングがカッコ良かったと言う理由です(笑)

 そんなこんなで真剣に取り組んでみました!

レッスン開始〜2ヶ月くらい

 レッスンは肩と腰にコルセットみたいな装置を付けてスイング毎に数値が表示されて、数字が緑色ならPGA選手のスイングに近くて、黄色→赤色となるにつれてPGA選手のスイングに遠いと言う具合に表されます。

 最初の2回から3回で基本的なグリップの握り、アドレス、テイクバックなどをやります。これは少しやれば出来るようになります。

いきなりベストスコアが出る!

 2回程レッスンに通った後に、ラウンドの予定があったので行ったらいきなりベストスコア107が出ました。

 おそらく、アドレスやテイクバックなどが今まで迷走してたのが多少落ち着いてきたからかなあと思いました。

 この調子で行けばかなりスコアアップも早いのでは?と楽観的でしたが本当にしんどくなるのはここからでした。

激ムズの切返しの動作が・・・

 1ヶ月程経過したくらいで、テイクバックからダウンスイングへの切返しの練習に入ったのですが、私は力で振りに行く動作が強かったのでまずは力感を抜くこともかなり意識するように言われました。

 切返しでグリップエンドを真後ろに向ける練習などをひたすらやるようになりました。

 練習場でそれをやろうとしても全くボールに当たりません・・・

 
 最初はスイング動作を3分割したり、ハーフショットでやったりの繰り返しでした。かなり地味な練習です。

 打ちっ放しで色々な人のスイングを見ていますが、切返しで力感がしっかり抜けてヘッドを走らせている人は正直ほとんどいないと思います。

 ラウンドの時は流石に当たらないと意味がないので、コースを回る時はスクールのレッスン内容は意識せずにやっていました。

【最短翌日配送】ゴルフ5の公式オンラインストア

3ヶ月〜半年まで

 この時期が一番地獄でした。少しづつスイングも変わってきてはいるものの、全てがまだまだ中途半端な状態で先が全く見えない状態でした。

ベストスコアから遥かに遠ざかる・・・

 切返しの練習を始めてから2ヶ月くらい経過してくると、練習場で稀に出来る時があったりしてきました。

 少し体が覚えてきた頃、予定していたラウンドに行きました。

 ラウンドではスイングは極力意識しないでやっているのですが、新しいスイングに体が覚えてきた頃になると、体がもう昔のスイングに戻せなくなってきちゃいます。

 結局その時はスコア132まで落ちてしまいました。その後も130前後のスコアが連発していました。

 まだ練習場で稀に当たるレベルだと、コースに行っても1発も当たりません・・・

 でもまだ練習開始して間もないし、めげずに練習しよう!という事でひたすら練習してきました。

 自宅でも出来る練習サポート器具のご紹介

次はシャンクが止まらなくなる・・・

 その後4ヶ月目もひたすら切返しの練習をしていて、少し練習場でもちゃんと当たる回数が増えてきました。

 ただ自主練を多くすると今度はシャンクが止まらなっくなったりしてきました。

 おそらく少し力むと腕が前に出てたり手元が浮き上がったりするからだろうと言われてました。

練習場ではそこまでシャンクも多くは出なかったりするのですが、打ちっぱなし等の練習場は最高の環境で打てるからです。

 コースでは色々な状況から打たなくてはならなくて、練習場のようにはいきません。しかも一度シャンクが出だすと止まらなくなり、ゴルフのラウンドがしんどかったです。

 4ヶ月目〜半年経過くらいまではこんな状態が続いていました。

 この時が一番ゴルフテックに入って後悔した瞬間だと思いました。他のマンツーマンのライザップゴルフやゴルフパフォーマンスは数ヶ月で100切り出来るのに・・・と思ってました。

 でもレッスンチケットをたくさん購入したし・・・とりあえず諦めずこん詰め過ぎずに頑張ろう!と思って無心で続けていました。

合わせて読みたい関連記事はこちら↓

ゴルフあるある!!

 最初の方はゴルフの練習しても、いざラウンドになると練習をほとんどしていないライバルに負けたりする。これほど努力の報われない事があるスポーツも珍しいと思います。

 センスのある人間や元々野球部やテニス部だった人を羨ましいと思ってしまうあるある。

 あるあるを共感できればなあと・・・

 次回はレッスン半年経過〜1年経過までをお伝えしていきます!

次回のゴルフテック記事はこちら↓

[contact-form-7 404 "Not Found"]

フォローミー