ゴルフクラブはマークダウン時期に購入すべし!傾向と最新情報について

  • 2019年11月27日
  • 2021年2月3日
  • ゴルフ
  • 13718view
  • 1件

 こんにちは、ボブです!

 ゴルフクラブの購入は趣味の購入の中でもなかなか大きな買い物ですよね。

 大きな買い物、出来る事なら綺麗な状態のゴルフクラブを安く購入したいと誰もが思うはずです。

 ゴルフクラブ市場では、新モデルの発表付近から現行モデルのゴルフクラブがマークダウンと言って在庫処分価格になる傾向があります。

 ゴルフクラブの割引率は平均して概ね50%から60%オフ!

 モデルによっては70%近くも定価より安い価格で販売される事があります。

 この割引率はマークダウン前の中古クラブの販売価格より安い、もしくは中古と同じくらいの価格だったりします。

 しかし、当然ですがこんなおいしい価格のクラブはすぐに売り切れてさしまいます。

今回のブログはこのような内容になっております↓

  • ゴルフクラブのマークダウンはいつ頃くるの?
  • マークダウンで注意すべきポイントは?
  • マークダウンのメリットとデメリットは?
  • このブログ投稿時期(2020年12月更新)でおすすめのマークダウンになっているクラブ紹介

こんな内容になっております。

 最新のマークダウン情報はちょくちょく更新していければと思ってます。

各ゴルフクラブのマークダウンの特徴

 ゴルフクラブのマークダウンが始まるのは、現行モデルの後継モデルが発表される付近から始まります。

 後継モデルの発売日付近ではなく、発表付近です!

 なので、ゴルフクラブの最新モデル情報は頻繁にチェックしておくと有利だと思います。

 ただ、「そんないちいちチェックするのはしんどいし、大変…」と思うかと。。。

 そういう人は、ゴルフクラブの発売サイクルを把握しておきましょう!

 ゴルフクラブの大半は2年サイクルで新モデルを発売します。

 例えば現状のモデルが2018年の2月に発売されたとしたら、後継モデルは2020年の2月頃に発売される可能性が非常に高いです。

 ゴルフクラブの中には、例えばテーラーメイドの超人気で高評価のドライバーであるM5とM6は前作のドライバーM3とM4の発売からちょうど1年程で登場しました。

なのでチェックする順番は↓

  • まず現状モデルの発売日をチェック
  • 発売日から1年もしくは2年経過する日はいつなのか目星を付ける
  • その目星を付けたゴルフクラブの発売月の3ヵ月前くらいからゴルフクラブの最新情報をチェックし始める

 だいたいの新モデルは2ヵ月から3ヵ月前には情報出ます。

 特に最近はそのブランドの公式のインスタグラムなどのSNSでの情報発信が早い気がします!

 情報が出たらいち早くそのゴルフクラブの価格とモデルの在庫チェックです。

 半額以下くらいになっていればおそらくマークダウンしております。

 なぜ急いだ方が良いかというとマークダウンされたモデルの在庫があったとしても、人気のシャフトや人気のスペック、生産数の少ないモデルはすぐに売り切れてしまうからです。

 ではでは、各クラブ毎に簡単にポイントをまとめていきます!

合わせて読みたい記事はこちら↓

ドライバー、フェアウェイウッド等

 ドライバーは基本的にアイアンより寿命も短いと言われていますので、買換えのタイミングもアイアンより早くなる事が多いです。

 けれどゴルフクラブの中では一番高額なクラブになります…

 ゴルフの中でも花形のドライバーのポイントは↓

  • 人気のSシャフトはすぐになくなる。
  • 超お得なカスタムシャフト付きのモデルはもっと早めになくなる。

 通常ドライバーを普通に購入して、シャフトもカスタムすればかなり高額な買物になってしまいます。おそらく合計すると10万円は超えるかと・・・

 純正シャフトでもかなりお得ですが数万円するカスタムシャフトが既に装着されて売られているモデルだと、純正シャフトモデルと比べて数千円高い程度になりますので、自分の好きなシャフトや最適ななシャフトがあれば早めに購入しちゃいましょう!

現在のおすすめマークダウンのドライバーのご紹介

2021年2月3日更新!! ↓

 現在一番熱い状況になっているもの。そう!ドライバーがマークダウンだらけになっております!

 2021年に入り、遂に昨年発売された大人気のテーラーメイドSIMとSIMMAXのマークダウンが始まりました。

 テーラーメイドは毎年新作ドライバーを発売しますので、1年待てばマークダウン価格で購入する事ができます。

 次回はSIM2が発売するみたいです。

 今回マークダウンがきたSIMは自分も現在使用しているのですが、反発性能が制限ギリギリまで高反発に作られていてめっちゃ飛ぶ、更にツイストフェース構造で打球が曲がりにくい、そして見た目もカッコイイ(個人的主観です)の三拍子揃ったクラブです。

 欲しい人は在庫があるうちに早めにチェックしておきましょう!

 現在最もおすすめなマークダウンドライバーのSIMはこちら↓

 昨年発売したばかりの新品のカスタムシャフトのモデルですら、マークダウンのおかげで4万円台で購入できてしまいます。

 カスタムシャフトは在庫も少ないのでお早めにチェックしておきましょう!

 そして二つ目のおすすめドライバーはピンのG410です!

 いよいよピンの曲がらないぶっ飛びドライバーG425が9月に発売されます!

 それに伴って、昨年大ヒットしたG410がマークダウンに遂に行われております。

 ピンのG410と言えば、昨年のゴルフシンデレラ渋野日向子選手が使用されてて一段と話題になった商品です!

 G410はアマチュアにとっては非常に優しく飛ばせるクラブになります。

 人気商品なので在庫は多いとは思いますが、売切れる前に狙っている人はこの際にゲットしておきたいですね♪

 おすすめのG410のドライバーはこちら↓

 定価10万円近くしていたG410が40%〜50%オフで購入する事ができる期間に入りました。 

 TENSEIシャフトは結構多くの人に順応しやすいシャフトとは言われております。

 今ならまだカスタムシャフト付きのG410もあると思いますので、気になる人は調べて見て下さい。

 そして3つ目は、今年発売されたキャロウェイのMAVRIK(マーベリック)

 これは、2年前に発売されたROGUE(ローグ)の後継モデルの位置付けと言われています。

 前作のエピック→エピックフラッシュの時もそうなのですが、キャロウェイは新作の発表より数ヶ月前からマークダウンになります。

 なので、前モデルであるローグのマークダウンは現在ほとんど売れてしまっております。

 キャロウェイの新作発表はまだ先で、おそらく来年くらいになるとは思います。

 なので昨年発売されたエピックフラッシュのマークダウンに気づかない人も多いかも知れませんが、今なら選び放題かもしれません!

 私のおすすめマークダウンのドライバーその3↓

 キャロウェイも2月に「エピックスピード」と「エピックマックス」と言う2本の新作を投入してきます。

 その為2019年に発表されたエピックフラッシュが40%〜50%オフになっております。

 エピックフラッシュもまだ昨年登場したドライバーなので、まだまだ高性能なドライバーです。

 色々カスタムシャフトがついたモデルも多いと思いますので、自分のお気に入りのシャフト付きを探してみるのも良いかもしれませんね!

 そして、4つ目のおすすめマークダウン情報はタイトリストのドライバーTS2とTS3になります!

 タイトリストのドライバーは2年おきに登場しており、発売時期はいつも秋頃になります。

 今回の新作はTSI2とTSI3が2020年11月に発売されました。

 それに伴って2年前に発売されたTS2とTS3が遂にマークダウンになりました。

 タイトリストのドライバーは比較的安定したショットが打てると言われておりますが、現行のTSシリーズでは安定感に加えて飛距離も出す事が出来ると言われています。

 タイトリストのドライバーで大きく性能が進化したTSシリーズをこの機会にゲットしてみるのもありですね!

 おすすめのドライバーTS2はこちら↓

 

 ドライバーのマークダウンはこの他にもスリクソンのZシリーズのドライバーもマークダウンがきております。

 先日松山英樹選手が試合で新作のスリクソンドライバーを使用していましたね!

 ドライバーは今はマークダウンラッシュですので、検討してみる価値ありですね♪

アイアン

 アイアンセットのマークダウンもかなり狙い目です♪

 当然アイアンもマークダウン前の中古クラブと同等かそれ以上安く購入する事ができるでしょう。

アイアンセットでの注意点は↓

  • 生産量が少ないカーボンシャフトの物などは手に入れ難い
  • スチールシャフトだと人気のダイナミックゴールドの完売が早い

 年配の人向けのゴルフクラブであるゼクシオなどは、カーボンモデルの生産量が多いのでマークダウンでもすぐには在庫がなくならなかったりもします。

 スチールシャフトにおいては、購入のタイミングが遅れると「NSプロ」のシャフトしか残ってない…なんて事もよくあるので、「ダイナミックゴールド」などの人気シャフトが欲しい人も早めに購入しちゃいましょう。

現在のおすすめマークダウンのアイアンセットその1↓

 スリクソンのアイアンは今回ZXシリーズに進化して登場しております。

 それに伴って前作のSRIXON(スリクソン)のZシリーズがマークダウンしております。

 Zシリーズは昔から非常に人気が高く、直近のモデルではZ585が2018年に発売して以降絶大な人気と売上を誇ったモデルです。

 私も何度か使用した事がありますが、このアスリートモデルの様なシャープな見た目をしているのにミスショットに非常に強く、芯を外したショットでもかなりの飛距離が出るのが印象的です。

 日本のブランドで日本人向けに開発されてますので、初心者でも扱いやすくて多くの人にマッチする性能だと思います。

 それと、海外ブランドのアイアンよりシャフトの長さも少し日本人向けに短くなっているので、日本人の平均的な体格の人には特におすすめです。

現在のおすすめマークダウンのアイアンセットその2↓

 ドライバーと同様に2019年11月にゼクシオの新作が発売されましたので、アイアンの前作モデルであるゼクシオテンもマークダウンで50%〜60%オフになりました。

 ドライバーもおすすめですが、アイアンの方がより優しさを感じやすいのではないかと思います。

 中高年の年齢層や若者でも初心者には非常におすすめなモデルになっております。

 スイートスポットの広さや飛距離性能などのトータル的な使いやすさはさすがと言ったところです。

 ゼクシオの難点としてはやはり定価が割高な価格である事です。

 初心者でいきなり高額なゼクシオを購入するのに抵抗がある人は、このマークダウン時期に思い切って購入するのも良いと思います♪

 マークダウンが来てから2ヶ月以上経過しますが、在庫もたくさんあってまだ購入することも可能ですが、徐々に品切れになってきておりますので迷っている人は早めに手に入れた方が良いと思います。

ウェッジ

 ウェッジは個人的にマークダウンで購入する一番のおすすめだと思います。

 複数本必要なウェッジは通常価格で購入するとなかなかの価格になります。

「ウェッジは消耗品」と言われるように使用する機会も多くて、スピンがかなりかかるのでフェースの溝もすり減りやすくなります。

 しかし、ウェッジは状態の良い中古だと新品とあまり変わらない値段だったりします。中古市場の価格が基本的に高い・・・

ウェッジのマークダウンでの注意点は↓

  • ダイナミックゴールドのシャフトが特に無くなりやすい
  • 生産量の少なめな46°から54°くらいまでのウェッジはすぐに無くなる
  • 生産量の多めな56°や58°は在庫はあっても欲しいバウンス角がなかったりする

 ウェッジはシャフト、ロフト、バウンス角と種類がたくさんあるので自分の欲しいウェッジのタイプが決まっているならマークダウン直後を狙いましょう。

 また、ゴルフクラブは重量バランス的にも短いクラブほど重いシャフトにする傾向がありますので、シャフト重量があるダイナミックゴールドのシャフトモデルは先程紹介したアイアンセットよりも早く完売しやすいので注意してください。

現在のおすすめマークダウンのウェッジその1↓

 タイトリストも新作ウェッジのSM8が発表されました。

 2019年の年末あたりから現行モデルのSM7がマークダウンになりました。

 世界で一番多くの選手が使用しているウェッジがタイトリストのVOKEY(ボーケイ)です。

 私も先日マークダウン直後に前作のSM6を下取りに出してSM7の46度、52度、58度と3本を大人買いしてしまいました♪

 種類も豊富で色々自分好みにセッティングできます。

 ウェッジに迷ったらとりあえずボーケイにしておけば間違いなしだと思います。

現在のおすすめマークダウンのウェッジその2↓

 キャロウェイも先日新しいウェッジ『JAWS』が発売されました。

 それに伴って、前作のウェッジであるマックダディ4がマークダウンになっております。

 割引率はこちらも50%〜60%です!

 こちらも非常にクセがなくて誰にでも使い易いモデルだと思います。

 私は見た目も新作よりマックダディの方が好みです♪

 ウェッジはタイトリストもキャロウェイも生産数が多い56度や58度はまだ売られているものの、他のロフトはだいぶ品切れがちになってきているので、特にお早めに検討していきましょう♪

 頻繁にゴルフをする人はマークダウン時期がウェッジの交換時期とするのも良いと思います。(なので私はウェッジは2年に1度のマークダウン時期で買換えております。笑)

パター

 パターはマークダウンされるモデルもあるのですが、他のクラブより控えめなイメージがあります。

 モデルによってはマークダウンしないパターも意外にたくさんあります。

 人気のオデッセイなどの生産過多のクラブはやはりマークダウンしてくれます。

 高級パターで人気のスコッティキャメロンのパターはマークダウンされなかったりと、お気に入りのパターをなかなか手に入れるのは難しいかもしれません。

 大々的にマークダウンという形で売り出してはおりませんが、インターネットなどでは年式の古くなってきたモデルが新モデル登場で価格が急に安くなったりします。

 現在狙い目なパターはこちら↓

 みんな大好きなスコッティ・キャメロンのパターも5年前くらいのモデルなら新品でもかなりお手頃な価格になっております。

 人によっては年式の古いパターの方がデザインが好きな人もいるので、そういう人には特におすすめですね!

 また、パターは中古市場で状態の良い物やお気に入りのモデルを探すのもありだと思います。

グリップ交換に合わせた買替えも

 自分のクラブがまだ買い換えは早いかなあと思っている人は今使っているクラブを下取りに出すのもありです。

 発売して5年も経過していないモデルなら、状態にもよりますが下取り価格もそれなりの値段になります。

 各人の練習量にもよりますが、ゴルフクラブのグリップ交換の時期にマークダウンのゴルフクラブで買い替えてクラブもグリップも新品!

 なんてこともアリですよね♪笑

 少し早いかなと思う買い換えのタイミングだと買取価格もそれなりになってくれます。

 効率よく新品のゴルフクラブを手に入れて、ゴルフのモチベーションを高めていきたいですね♪

 ゴルフシューズの解説とおすすめモデル紹介記事はこちら↓

 

 キャディーバッグの特徴とおすすめモデル紹介記事はこちら↓

合わせて読みたい記事はこちら↓

[contact-form-7 404 "Not Found"]

フォローミー