機械式の腕時計も薄型が主流!美しいムーブメント搭載モデル紹介

  • 2019年10月24日
  • 2019年10月20日
  • 腕時計
  • 198view
  • 0件

 こんにちは、ボブです!

 今回は自動巻なのに薄型のモデルやローターにこだわりを持ったモデルの紹介になります。

 機械式時計を購入するとなると、まず考えるとなるとその時計のスペックや外観や価格は当然考えるとして・・・次に考えるのは「自動巻」なのか「手巻き」なのかも考える人も多いと思います。

 ざっくりとしたイメージだと「手巻き」の機械式時計はローターが不必要な事もあって薄型に作られている事もおおくてドレスウォッチなどには非常に相性がよいですが、手動でゼンマイを巻く必要がでてきます。

 逆に「自動巻」は毎日使用する人には便利な一方で、ゼンマイを巻くローターが付いてるのでどうしても時計に厚みが出てきたりします。

 機械式の重厚感が好きな人には良いのですが、そうでない人には選択肢に入りにくい部類になっていました。

 しかし、機械式時計も日々進化しており「手巻き」の腕時計と大差ない厚さのモデルや美しいシースルーバックを眺める事ができるモデルなどがたくさん登場してきています。

今回はこんなブログです

  • マイクロローターを使用した薄型の自動巻の機械式時計
  • 圧倒的に美しいシースルーバックを追求したペリフェラルローター

 についてご紹介して、それを使用したモデルをピックアップしていこうと思います。

マイクロローターの紹介

 マイクロローターは本来機械の上に乗せる形でローターを設置するのに対して、機械の中に小型のローターを埋め込む事によって自動巻の薄型を成立させております。

 薄型のローターにすると基本的に巻き上げの効率が落ちてしまうので、その巻き上げ効率を高める事が最新の性能を引き出すといった所になります。

 この最新の技術が詰め込んだモデルを少し紹介します。

パネライ ルミノール ドゥエ チタニオ

 パネライと言えばデカ型で厚みのあるモデル!

 それだけのイメージはもはや一昔前になります。

 現在のパネライはターゲット層の拡大のために薄型や小型のドレスウォッチのようなモデルにも力を注いでおります。

 上記写真のモデルも通常のルミノールより厚さを40%抑えた10.7ミリとなっておりかなり薄いです。

 また素材もステンレス仕様が主流だったのを、より軽さを求めたチタン素材を主流に置くことによって明かに今までのパネライのイメージとは違うものにしております。

 国内定価は117万円となっております・・・やっぱり通上のルミノールより結構お高くなってます!

 並行輸入店では80万円から90万円くらいで購入できると思います。

パネライ PANERAI ルミノール ドゥエ 3デイズ オートマティック アッチャイオ PAM00904 新品 時計 メンズパネライ PANERAI ルミノール ドゥエ3デイズ オートマティックアッチャイオ PAM00943【新品】 メンズ 腕時計 送料・代引手数料無料

 パネライの公式ホームページはこちら

合わせて読みたい記事はこちら↓

ロジェ デュブイ エクスカリバー

 高級スポーツウォッチで有名なロジェの看板モデルのエクスカリバーはほとんどがこのマイクロローターを使用したモデルになっております。

 ちょっと派手ではありますがやはりドレスウォッチとマイクロローターというのは非常に相性が良いのだと思います。

国内定価は292万円になってます。

 ロジェは並行店でかなり値段が下がる傾向があって、並行輸入店ではおそらく170万円から180万円くらいになると思います。

ロジェ・デュブイ Roger Dubuis エクスカリバー 42 マイクロローター クロノグラフ RDDBEX0451 新品 時計 メンズ

 他にも雲上ブランドのパテックフィリップやランゲ&ゾーネなどは多くのモデルにこのマイクロローターが使用されております。

マイクロローターの弱点

 個人的にマイクロローターの最大の弱点は防水性が非常に弱いという事です。

 基本的に生活日常防水である3気圧であるモデルがほとんどです。

 パネライのルミノールもベーシックなモデルは30気圧なのに対してルミノール ドゥエは3気圧と10分の1の防水性能になってしまします。

 ただ衝撃などの頑丈さや使用していく上での問題性ははほとんどないと思います。まあいわるゆスペック上での話しになりますが・・・

 薄い時計が好きな人やムーブメント好きにはおすすめです♪

ペリフェラルローター

 あまり聞いた事がない人も多いと思いますが、ペリフェラルローターというのはゼンマイを巻くローターが外周に設計されたリング状の上を回って巻かれるという点です。

 ローターは基本的にムーブメントの上に半分程度を被さってしまう事によってせっかくのムーブメント視認性が悪くなってしまいますが、ペリフェラルローターだと外周を回ってくれる事によって隅々までムーブメントを見渡す事が出来ます。

 ペリフェラルローターを使用したモデルを少しご紹介していきます。

カール F . ブヘラ マネロ ペリフェラル

 ペリフェラルローターは2009年にカールfブヘラの自社製ムーブメントによって初めて登場した事もあり、カールfブヘラのモデルはペリフェラルローターの使用モデルが多く発売されています。

 このマネロはカールfブヘラの中心的なモデルであり、厚さも非常に薄型に作られております。

 クラシカルなデザインの中にもムーブメントの質を大事にしているモデルだと思います。

 国内定価は83万円になります。

 並行店で見つけたら4割くらいは安く買えると思います。

 このブランドは国内だと市場が小さめなので、並行輸入店で自分の目当のモデルを探すのには一苦労するかもしれません。探すなら大型の並行輸入で探すと良いでしょう!

 しかし、もし発見する事ができれば結構割安な価格で購入出来ると思います。

合わせて読みたい記事はこちら↓

カールF .ブヘラの公式ホームページはこちら

ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ トゥールビヨン

 ヴァシュロン・コンスタンタンの1番人気のオーヴァーシーズでもこのトゥールビヨン付きはペリフェラルローターが使用されているモデルはあり、このモデルは2019年の注目モデルです!

 現在のペリフェラルローターの認識はそのブランドの中でも高級モデルに搭載しているパターンが多いと思います。

 オーヴァーシーズの一般的なモデルには使用されてなくて、この超複雑機構のトゥールビヨンの搭載モデルにのみペリフェラルローターは使用されています。

 この世界三大ブランドに三大複雑機構のトゥールビヨンが搭載されると・・・軽く1000万は超えてしまいます。

 三大複雑機構の中でも唯一見た目でもその美しさを感じれるトゥールビヨンとペリフェラルローターのコンビは非常に相性が良いと思います。

国内定価は1220万円

 ・・・いやまあそうでしょう、トゥールビヨンなんだから・・・でも美しい・・・・

 こういう複雑機構の搭載モデルは生産数も少くて希少性があるので正規店で購入するしかないでしょう!

ヴァシュロン・コンスタンタンの公式ホームページはこちら

個人的見解を述べる・・・

 今回ご紹介した中でも、ペリフェラルローターはまだまだ使用されているモデルも非常に少なくて、一般モデルに使用されているのはカールfブヘラくらいだと思います。

 対してマイクロローターの使用モデルは年々増加傾向にあります。

 特別なモデルを購入する時はペリフェラルローターの搭載モデルを検討してみても良いですし、通常モデルで通常より少し価格はあがりますが最新の技術と薄型が欲しいという方がマイクロローターの搭載モデルが良いのではないかと思います!

 とにかく見た目が美しい!

 ぜひ参考にしてみてくださいね♪

[contact-form-7 404 "Not Found"]

フォローミー